八ヶ峰 追記

戻ってから「八ヶ峰」で検索をかけ
あちこちのぞいてみた……

あらためて、たくさんの人達がいろいろと書いていることに驚く ^^;

おいらあんまり下調べなどをする気もないので
こうしたブログなどを見ることは少ない
「ヤマケイ」なんかが出している古ぼけた本を
今度はどこ行こうか?ってパラパラと見るぐらいや

パソにあふれている山の記事は下手なガイドブックなんか足元にも及ばず
綺麗なたくさんの写真はそのコースを隅々まで教えてくれる
こんなのをしっかり幾つも見て行くと
その「コースガイド」をトレースしているような気になる
「そうそう ここがあれやな (’’) 次は こんなのがあるはずや…… 」 って

おいらが事前に確認するのはアプローチへの行き方
バスの時間であったり、車で行くときは止められる場所があるか?ってな事ぐらい
あとは「山と高原地図」なんてのをポケットに放り込んで
きょろきょろしながら とことこ歩く ^^

まぁ 今回はその地図も忘れたけどな (ーー;

んで
おいらも「山歩き」って言うテーマでその山行記を書くのだが
コースガイドには成り得ず、誰の参考にもなりはしない ( ̄^ ̄;
「やまあるきの おもひで」 みたいなもんやな ^^


で、今回なんでブログを漁ったのかって言うと
画像
これについて誰か何か書いてあるかな?って思ったわけなのやが
誰も何もふれてはいなかった……
五波峠から八ヶ峰に向かい一つ目のピークを越えて下り始めた所にこれはある
五波峠の方に向かって、つまり登りの方を向いてコースのすぐ横の木に絡んでいるのだが……
おいらバイクでも自転車でも少しは山道に入ったことがあるので
このバイクのことがとっても気になってしまう

この向きで走ってきたのなら一体どこから来たのだろうか?
峠から入って途中であきらめて戻ってきたのだろうか?
峠に向かう最後のこの登りは結構きついので乗って登るのはしんどいと思う
段で跳ねてコースアウトして木に がばっ! ってくい込んだのだろうか?
ここに放置して帰ったって言うことはその時点で木から外せなかったのか?
ライダーが怪我をして乗って帰るのをあきらめたのか?
一台一人で来ていたのだろうか?
であれば どうして帰ったのだろうか?
それと
このバイクの シート と リアホイールが無いのは何故なんだろう?
リアホイールを外すのは結構大変でちゃんと工具を持っているのなら
フロントホイールも外せば木から外せたんじゃないのだろうか?

????マークだけが並んでいく (ーー;

画像
もう10年ぐらい経っているんだろうか?
木が大きくなってもうフロントフォークとエンジン両側にくい込んでいる
後10年も経てばこれは一体どうなるのだろうか……(’’)

頂上以外で一番時間をとった場所だったのだが
誰も何も書いていない……

まぁ仕方がない
純粋に山を歩く人達にとっては「見苦しいゴミ」に過ぎないのだろうから……



画像
幾重にも重なるやまなみを見ながら風に吹かれていると
こんな歌が……^^


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

とも(風に吹かれて)
2013年07月13日 16:19
地蔵さん、ちっとも変ってないじゃん♪

私は今、ちょっとね、人を信じることが少しね...

そんなとき、ふと地蔵さんを思い出したんだよ

他の人になかなか分かってもらえないようなことでも

変わりモノの地蔵さんならインスピレーションで通じそうで...(^_-)



また困ったときに拝みに来るから頼むよ♪

相変わらずギター、うまいね♪(*^_^*)

んじゃ、元気で
p(-_-)q
2013年07月16日 02:11
おいらここに7年前からいる
まだ暫く居るつもりやけど結構枠が一杯になってきているので
最近手抜きをしているわけなのやが……(’’)
まぁ、お引っ越しをしてもちゃんと転居通知は掲載する
だから いつでも うえるかむ や ^^

一つだけ訂正しておく
おいら「変わりモノ」やない!
自分に正直な いい子や( ̄^ ̄)

この記事へのトラックバック