浄瑠璃寺 の続きだよ ^^;

画像
京都府ではあるが奈良駅から10kmほど
京都駅からは……遠い ^^;

山あいの道の脇に浄瑠璃寺駐車場がある
「200円です ^^」って……
京都市内では1000円なんてのも当たり前なのにね

ひっさしぶりや ^^
画像
これは4月の25日でいいお天気やったのに
黄砂がひどくって曇り空みたいやった(’’)
画像
こんにちわぁ~^^ って両側のお地蔵さんにご挨拶
……(’’)
お地蔵さんやろか ^^?

境内にはいるのは無料や!

画像
池の向こうにある三重の塔は国宝
京都に残っている平安時代の塔は
この塔と醍醐寺の五重の塔だけや
画像
この中に薬師さんが居る ^^
池は所々補修中で土のうが積まれていた
んで
こんな事に…… ^^;
画像


三重の塔の方から……
画像
池越しに本堂を望む
この本堂「九体阿弥陀堂」も平安の建物で国宝
しんぷる な建物やけど落ち着いていい感じやな ^^

ぐるんと池を一周して お目当て の 本堂に入る
こちらは有料で300円 
京都なら……(’’) って言わないでおこう (ーー;


所で
三十三間堂に行かれた事があるだろうか?
本堂に入り順路に従って東側から正面に回り込む
表側にまわった途端 ぞくぅ~~~っ って
使い方が適切でないのを承知で言うなら 一気に鳥肌立つ ^^;
おいら別に悪いことなどしていないが
「ひぇ~~ごめんなさい ごめんなさい ごめんなさぁ~い (><) 」ってな感じで
中央にいるでっかい観音様の親分の前に行き着いたころには
息も絶え絶えで「……m(_ _)m……」 ってな具合やな

湛慶さんがつくったでっかい観音様もさることながら
問題は千体の千手観音達や
あれだけたくさん並ばなくてもいいやろ!
多勢に無勢 って言うか……(’’)
もはや「数の暴力」やな (ーー;

暫く息を整え、落ち着いてから改めて堂内をゆっくり巡る
かなりきつい解毒作用を持った薬を飲んだ見たいに
ここを出た後は心も体も軽くなったような気がする
まぁ……気のせいで
少し時間が経てば 元の木阿弥 やけどな ( ̄^ ̄;


話を戻して 浄瑠璃寺本堂
ここに入ったときにも似たような気分になる ^^;

平安期に沢山作られた 九体仏
現存しているのはここだけだとか……(’’)
画像
(パンフレットから ^^;)
両側に4体ずつ並んだ阿弥陀さまと
中央に一回りでかい阿弥陀さまが居る ^^
九体の国宝の阿弥陀さまにそれぞれ
「なんまいだぁ~ぶっ ^^」 ってご挨拶

中央の阿弥陀さまの親分の前で手を合わせた後
行ったり来たり、うろうろ~うろうろ~ 
至近距離でこんなにゆっくり見られる所は少ないよ
みんなとってもよく似ていて見分けなんかつかない 
でも
よぉ~く見ると表情はやっぱり少しずつ違ってる (’’)

平安時代から ずっと一緒に並んで座ってるんだね 
これからも ずぅ~っと一緒に並んで座っていくんだね ^^

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック