大文字の真ん中から~~

画像
いつもの気持ちのいい景色にしばし見とれた後……
さっぶぅ~~(><)  って事で
そそくさと降りることに ^^;
ここは風を遮る物のない 禿げ山状態やから
いつも風が吹き抜けている (’’)
おいら今回、こんな所に来るつもりなんて無かったから
なんの準備もしていないので じっとしていると さっぶぅ~~い ^^;

ここから降りる道、一番らくちんなのは銀閣寺への道だけれど
ちびちゃりを南禅寺に置いてあるので左手に向かって降りることにする
画像
これが「大」の左足や ^^
この細かい階段を とことことことことことことことことっとっとっとっとっとっとっとことこ~~って降りるのだが
なんせ びみょうに 幅、高さがかわるため階段を見ながらかけ下るのだが
スピードが上がるにつれ この階段は くにゃくにゃと歪みだすようで バランス感覚を失う

ゆっくりと歩けばいい! っと思うのだが
すぐに とこ とこ とっとこ とことことことっとっとっと~~~  って 足が勝手に ^^;

画像
今降りてきた階段を振り返る (’’)
この道を降りるのは3度目だろうか?
でも
この階段を登ったことはないし、これからも登ることはないだろう ( ̄^ ̄;
この後も、一気に どどっどっどどぉ~~ っと降りていく

大の文字に登る最短コースだと思うが
この道から登ってみても
最短時間で大の文字に着けるとは思わない (ーー;


で、降りたところが「鹿ヶ谷」と言うところで
ここも結構マニアックな所ではあるが 今回はパス ^^;
更に下れば「哲学の道」と呼ばれる疎水沿いの小径に出る
南禅寺の水路閣の上を流れていた疎水の下流やな

んで、後は南禅寺までのお散歩

途中にちょっと寄り道 ^^

大豊神社 って言う静かな神社……
画像
で、この神社自体についてはおいらもあんまり良くは知らない ^^;
が、この神社を有名にしているのは正面右手にある「大国社」
画像

おおくにぬしのみこと さんを祀る社だが
よぉ~~く見て欲しい……
気がついたぁ ^^?
画像
独楽鼠 
……じゃなくて「狛鼠」 ^^
そう、ここはこの狛鼠で有名な社だよ

んで、なんでもありかい! ってな
画像
右手が「狛猿」で左が「狛トビ」 (ーー;




このブログでは他にも
岡崎神社の「狛うさぎ」や護王神社の「狛猪」もご紹介してきたが……
なんでも伏見の方に「狛龍」が居るという (・_・;

行かねば ^^

こちらもなんとか年内にはご紹介できるように……^^;

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

面白い 面白い 面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック