冬だというのに お化けネタ ^^;

あなたは「霊」の存在を信じますか ?
数多くある心霊スポット、そしてそこに伝わる多くの お話を……

     ^^;

この街には多くの心霊スポットと呼ばれる場所がある
その中でも常に検索の上位に出てくる有名スポットが……

     「清滝トンネル」

http://img.qlep.com/~osaka/img/413/1008/shinrei_tunnel.html
このページの後半部分

 最初にお断りしておくが、いつもの無断リンクや ^^;
 特にこのページに文句を付けるつもりはなく
 このページが見やすく綺麗に創られていたからちょっと参考にさせて貰っただけで
 怒られた場合は……謝る ( ̄^ ̄;

「なぁ~んや、いっつもp(-_-)q が通っている お化けトンネルのことか……」
などと言っては行けない
最初に書いたように、ここは京都では三本の指に入る最強の心霊スポットや!

苦手な方もいるだろうから割と軽い目のタッチのページを選んだのだが
まぁ、書いてあることは同じような物なのでまとめてみると

1.このトンネルに着いたとき信号が青であったなら決して中に入ってはいけない
  それはトンネルが呼び込んでいるからで、そのまま中に入れば
  ボンネットに白い服を着た女の霊が落ちてくる……
2.行きと帰りの長さが違い、帰り道が長かったら
  よその世界に踏み込んだかも知れない
3.トンネルの上の峠
  その頂点には真下を向いた不可解なカーブミラーがある
  このカーブミラーにもし自分の姿が映っていなければ三日以内に死ぬ(期間は様々)
  そこに居ない子供(老人)が映っていても同じ

ってな感じや (’’)

でも、ここでの恐怖体験に「ボンネットに女の霊が落ちてきた!」ってのは無く
だいたい次のようなパターンや

1.車の場合、後続車からパッシングやクラクションであおられる
  トンネルを出て車を止めると後ろの運転手が
  「危ないやないか、女の子が窓につかまって引きずられているのに気がつかへんのか!」
2.バイクの場合も、トンネルを出て止まるまでは同じ
  「女の子がシートから落ちて後ろにしがみついているやないか!」

って……

  怖いやろぉ~~(T^T)  

その1
このトンネルの幅はとても狭く、歩いているときにバスがやってくると
壁に ぺたっ! っと張り付かないといけないぐらいの幅や
んで、当然片側交互通行となり、そのための信号機がある
トンネルの長さが結構あるため両方赤の時間が長い
かなり以前においらが計ったときは
ワンサイクル4分間で赤が約3分半、青が約30秒やった
約…ってのは間に短い黄色が入るため ^^;
たぶん今も変わっていないだろう
つまりここに来た時信号が青の確率は8分の1しかない
赤である方が当たり前で青は希な訳や
んで、あんなお話が生まれることになる
おいらみたいに何度も何度も来ていると
その確率のとおり、少ないけれど青の時にも遭遇する
青ならばどうするか……らっきぃ~~~^^ ってそのまま飛び込む
今から時計をじっと見て3分半じっとして居て欲しい
それだけ待つの、どれだけ長いか (ーー;
で……
青信号で飛び込んでも白い服の女の霊は一度も降ってきてはいない (’’)
「降って来る」という話はあるが、「降ってきた(><)」という話は聞いたことがない ^^;

その2
行きと帰りの長さが違い、帰りの方が長かったらよその世界に……
(’’)
その通りやろな、おんなじトンネルの行きと帰りで長さが違えば
どこかよそに寄り道したに違いない ^^
でも、残念ながらおいらの場合はいつも一緒や
長さが違ったって言う体験談も見たことがない

その3
峠のカーブミラー
このトンネルは昭和の初めに掘られた物
それまでここを越える道はこの上の「試み峠」や
これは平安以前から有る道で、愛宕参りにはこの峠が使われていた
江戸時代の愛宕参りのどたばたをえがいた落語「愛宕山」にも出てくる
この辺りのことは
こちらに
http://tougenojizou.at.webry.info/200904/article_24.html
清滝側からここに来て信号が青ならもちろんトンネルに突っ込み
赤ならこの峠に上がる ^^
ミラーが下を向いているため、雨に洗われないせいかいつも汚れが酷く
夜に自分の姿が映ることはないと思われるが (’’)


まぁ、場所柄雰囲気が不気味なのは仕方ないが
もうちょっと もっともらしい 因縁、謂われがあって
少しは具体的な「何か」が有るのならともかく
何があったわけでも無いのに、ここまで有名な心霊スポットってのも珍しい (ーー;

参考にさせていただいたページの最後……
写真を無断で拝借する m(_ _)m
画像


> もしかするとこの地蔵たちは子供の霊を鎮めるものではなく、異世界から抜け出した霊を見張り、
  この地に留めるために置かれているのかもしれない。

と書かれている
確かにこれだけのこけむした石像がトンネルの出口近くにあると不気味や (’’;
でも
こちら
http://tougenojizou.at.webry.info/201106/article_6.html
この中の最後の写真
画像
こいつらの後ろの白く見えているところ……
これはアスファルトの道路でトンネルの手前、上の写真が撮られた場所
つまり、上の不気味な石仏群の写真はこいつらの後ろ姿やな ^^





それより
こちらも京都の心霊スポットで必ず出てくる
「嵯峨の幽霊マンション」
おいらのうちから直線距離で350mの所にある! (・_・;

こちらの方がお化けのトンネルより怖い ^^;

こちらのお話はまたいずれ~~


お化けやぁ~い
あんまりみんなに悪さしちゃ駄目だよぉ~~ ^^

 

秋の夕暮れ
西の空には 宵の明星
東の空には でっかい木星 ^^

一番星見つけたぁ~ ^^

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

驚いた 驚いた
面白い

この記事へのコメント

かもめはかもめ
2011年11月03日 17:59
どうしても、このトンネルだけは・・・だめや・・・
p(-_-)q
2011年11月04日 02:21
霊 などという物があるはずもなく
怨霊 などという物に脅える必要もない
もしそんな物があるのなら
浮かばれない死者の魂が恨みを持ちこの世を彷徨う霊になりうるのなら
迷宮入りの殺人事件なんてあるはずもない……

まぁ……
いくら身体によいと言われても
おいらは納豆を食べられないのだから
すべてが理屈で片付けられもせず……(’’)

この記事へのトラックバック