♪ 今はぁ~ もぉ 秋ぃ~~ ^^

みなさま 残暑お見舞い申し上げまぁすぅ~~ m(_ _)m

どんなにつらい日々が続こうと
時はとどまることなく流れいく
すべてのものは 常に新しい 今 を迎え 
そして その 今 は過去へと押し流されていく……


もう秋なんやからな!
何時までも大きな顔してたらあかんねんからな!
まだもう少し夏でいたいのなら
少し謙虚に 普通の夏 になりなさい 
そうすれば後暫くつき合ってやらないでもないから ( ̄^ ̄)


っで、立秋って? っと検索すれば
>二十四節気の一つ。初めて秋の気配が現われて来る頃。毎年8月7日頃。
  天文学的には、太陽が黄経135度の点を通過する瞬間。
って書いてあり
今年は8月7日の14:49だったらしい ^^;

もう少しわかりやすく言うと
画像

この図で黄色く塗った線が黄道で太陽の通り道
この際、太陽が動いていようが地球が動いていようがどちらでも良い ( ̄^ ̄)
で、
この黄道が赤道に対して傾いているから季節が出来る(傾いているのは地軸だがこれもどうでもいい)
で、
太陽の道(黄道)が赤道を横切るところ(2カ所)を「分点」と言い
太陽が赤道を横切って北半球にやってくるところの分点を「春分点」という
ここを基点(0℃)にしている
で、
90℃まわって一番高いところに来たときが 夏至
更に90℃まわり反対側、春分点から180℃まわったところで赤道を横切って南に入る
こちらの 分点 が 「秋分点」という
また更に90℃(基点から270℃)まわって一番下に行ったときが 冬至 やな (’’)
あと90℃まわれば 一周まわって元の位置~ って事になる ^^

で、本題の 立秋 は? と言えば

90℃の夏至(夏)から秋に向けて45℃行ったところ
夏至と秋分の丁度真ん中……ペンギンの立っているあたりや ^^
90℃+45℃ で 135℃ って事になる
太陽が夏と秋の真ん中にさしかかり
「もう夏が終しまい、これからは秋ですよ~^^」ってね

太陽の位置で言えば正にそうなのだが……
夏至の日が一番暑い日でないように、この日を境に涼しくなるわけでもない (T^T)

ついでに言えば
夏から秋になるときが「立秋」で、秋から冬になるときは「立冬」
冬から春が「立春」で春から夏が「立夏」

さっきの角度で言えば
立夏 は 春  0℃と 夏 90℃の真ん中の  45℃    0+45
立秋が  夏 90℃と 秋180℃の真ん中の 135℃   90+45
立冬が  秋180℃と 冬270℃の真ん中の 225℃  180+45
立春が  冬270℃と 春360℃の真ん中の 315℃  270+45
って事になる

さぁ、良いこのみんな これで「二十四節気」のうち
春分 立夏 夏至 立秋 秋分 立冬 冬至 立春 と 8つも覚えられたね ^^



24-8=16   まだ 後16も有るのか  ……(’’) 

             覚えられへん  ……(ーー;



今日は亀岡って所の花火大会に行って来たよ ^^
もう何年も、毎年ここの花火だけは見に行っている

おいら、雷と花火が大好きや ( ̄^ ̄)

5000発ぐらい、1時間ほどの花火やけど
打ち上げているところの対岸、200mぐらいの所から真上に上がって行くのを見られる ^^

今年は、「丹波亀山城築城400年記念 第59回亀岡平和祭保津川花火大会」って事や ^^

        ……ん(’’)?

本能寺の変って 確か1582年で、関ヶ原が1600年
この間から 二条城や彦根城なんかの 江戸のお城が軒並み築城400年祭をしていた
「明智光秀 亀山城 築城400年」って事はないやろ (ーー;

っと調べてみれば……
http://www.kameokacci.or.jp/Kameyamajyo400/history/history3.html#History9
って事らしい ^^;


なんでもいいや ^^ 
紙コップの生ビール片手に花火を見上げる (’’)
ジャンボフランクに焼きそばにたこ焼きフライドポテト ……

         日本の夏や! (T^T)


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック