テーマ:京都

かっつぅ~ん  すたっ すたっ すたっ   かっつぅ~ん ^^

お久しぶりの 大阿闍梨さま ^^ 今年は5月5日に赤山禅院さんに行けなかったので お加持を受けるのはお正月以来半年ぶりやな (’’) 光永圓道様は去年の切り廻り以来だから丁度一年ぶり…… 相変わらずの笑顔を拝見しただけで なんだか元気になるだよ ^^ って…… これは3日の日曜日のお話や 今年も23日の「一日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

首無し地蔵さん ^^

首のない地蔵についてはいろんなお話があり  むかし、むかし、ある所にA子さんという女 性が住んでいました。  A子さんは、毎日我が子を背負って畑に行き、  子供を背負ったまま畑仕事をしていました。  ある日A子さんは、手にカマを持ったまま、「伸び」をしてしまったので、子供の首を・・・  A子さんは、自分の不注意で我が子を亡…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

老人が一人 丘の上に腰を掛け

足下を眺めながらぼやいていた そこでは大規模な工事が行われ 新しい町が築かれようとしていた 山や野原を切り崩し、幾何学的に整然とした町を造っていく…… 一体この国はどうしちまったって言うんだ 外国から来た物はそんなに良いって言うのか この国には古くからの良い物が沢山あるって言うのに そんな物をみんなつぶしちまって …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

げこ が げこげこ と ^^

田んぼに耕運機が入り水が流れ込むと…… やっとこさ田植えやな ^^ おいら150万都市の市民やけど おいらのうちのまわりは田んぼや ( ̄^ ̄) で 不思議なのは田んぼに水が張られてほんの数日で ゲコたちが げこげこげこげこ……と大合唱を始めることや (’’) 奴らは一体どこにいたのだろうか? 水が張られてから卵が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ぱくっ むしゃむしゃ もぐもぐ ^^

みんな見られたかなぁ~ ^^? らふ~のやつ……(’’)  今回は真ん中だけ食べて皮を残したのやな ^^; 曇り空って事やから あきらめていたけれど 一縷の望み! 頑張って起きただ ( ̄^ ̄) なんとか雲間に太陽が見えている  よしよしよし なんとか見えそうや (’’; どんどん欠けながら雲間を出たり入ったり~…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

お山のお寺 海住山寺 ^^

浄瑠璃寺・岩船寺から山を下りていくと 木津川沿いに広がる町は「加茂町」 今は、木津川市加茂町だが おいらが前回に言ったときのパンフには 相楽郡加茂町 って……(’’) 平成7年に木津川市に吸収合併 やって ^^; 木津川を渡り、こんどは町の北側の山に登って行く 登り始めて思い出した (・_・; 前回はおいらの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お隣は 岩船寺 ^^

浄瑠璃寺から山道をくねくねと更に進む 10分もかからなかったと思う、2~3kmやろか? こちらの駐車場も200円 ^^  この二つのお寺を結ぶ山道には沢山の石仏が点在している ほんとはそちらを歩いて行けばいいんだけど…… また車を取りに戻って来なけりゃならないってのもなぁ~(’’) って事で また いつか ^^; …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

浄瑠璃寺 の続きだよ ^^;

京都府ではあるが奈良駅から10kmほど 京都駅からは……遠い ^^; 山あいの道の脇に浄瑠璃寺駐車場がある 「200円です ^^」って…… 京都市内では1000円なんてのも当たり前なのにね ひっさしぶりや ^^これは4月の25日でいいお天気やったのに 黄砂がひどくって曇り空みたいやった(’’) こんにちわぁ~^^ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

浄瑠璃世界へご案内~ ^^

これは一体どこやねん ^^; こちらの写真ならわかるだろうか ^^?いつもの お山 ^^ 毎日歩いたり、とことこと走ったりはしているのだが ちょっと間が空いたので体を動かそうと愛宕山に登ってきた 時は 大型連休 真っ最中 清滝へとぷらぷら歩いているとき横を走り抜けるバスがみんな満員 普段は2~3人しか乗っていない路線…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

また京都で! って言われてもなぁ~(’’)

亀岡ってのは山一つ越えた隣の町やから……(ーー; 亀岡ってのは光秀さんが治めていたところで 亀岡駅前には光秀さんのお城「亀山城」跡が残る 亀岡へは、京の七口の一つ「丹波口」から西へ続く山陰街道 (旧道は今より少し南をまわるが、現在は国道9号線)を西に走る 以前は深い竹林の中の道だったが今は開けてその頃の面影はない …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

両手に持ったピッケルを

目の前の雪の壁に ずぼっ!  右足、そして左足を  ずぼっ! ずぼっ!  はぁ はぁ って 息をついて ずぼっ!  ずぼっ! ずぼっ! もう ずいぶん長い時間経ったような気がする でも 振り返れば すぐそこに 歩き始めたポイントが見えるに違いない そして ふり扇げば 遙か先に 目指すポイントが見えるに…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

何が そうさせたのか わかりはしないが……

最初にタクシーに追突したのは単なるミスだったのだろう で、慌てて逃げ出し 切り返してタクシーの前に出たところで 信号が変わって どっと歩き出した人の列に突っ込む ここから先…… 殺そうとも死のうとも思っていなかったのだろうけれど 壊れてしまった思考回路を思い計ることもできない……(’’) 現場は前のシリーズでご紹介した…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

桜なんか だいっ嫌いや! (T^T)

おいら 働き者やないから 忙しいのは嫌いや (T^T) 町には人があふれ 車は渋滞で動かずに…… いらいらいらいらいらいらいらいら (ーー; まぁ……(’’) 去年は震災で、その前はぶたインフルエンザ 二年続けて「人の少ない春の京都」ってな異常事態やったから 元に戻っただけで特に人が多いって訳でもないのやが …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

お化け屋敷へご招待~ ^^

前々回に少しふれた……お化け屋敷 ^^ 表参道を登り7.5合の休憩所を過ぎると程なく「水尾別れ」に着く 水尾から登ってくる道との出会い 水尾からの道は光秀さんも使っていた「明智越え」を経て 丹波方面から登ってくる道や ^^ んで この出会いの先に右へ入るきれいな道がある 落ち葉に覆われたぺったらこの柔らかな道……そ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

龍ヶ岳に登ったよ その2 ^^

おいら 趣味を訊かれれば「山と自転車や ^^」  って言う 「山」や「自転車」をどうするのかなんて踏み込んだことは言わない せいぜい「山歩き」止まりで、間違っても「山登り」なんて言わない 山に登るのはしんどい! おいら、しんどいのは苦手や ( ̄^ ̄; 登るのはしんどいが、下りが楽かと言えばそうでもない 下手すれば登るよりも下…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

お稲荷さんを出たのは 5時過ぎ ^^;

えれぇこった えれぇこった 帰らねばぁ~~ ^^; 京都の地図を広げれば おいらの住む嵯峨は左上で このお稲荷さんは右下…… 街を斜めに横切って……15kmぐらいやろか? 1時間では無理やな (’’; って事で のんびり帰るだよぉ~~ ^^ 通り道なので 最後にもう一ヶ所だけ寄り道 外から写真だけや…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いよいよ 最後の龍や ^^

予定外に光秀さんの首塚なんかに寄ったものだから 知恩院に寄ってしまい 知恩院に寄ってしまった物だから 鐘や三門のお話をしようと 通り道の方広寺や東福寺に寄ってしまい…… 次から次へと 寄り道を続け  そのそれぞれで、たっぷりと時間を使い (ーー; 最終目的地に着いたのは午後四時をまわっていた ^^; でも、お…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

東福寺の三門 

この三門が国宝だってのは……知恩院の三門に並ぶほど でっかい ( ̄^ ̄) って事よりも この三門がこの街で一番古い三門やって事やろな (’’) 何度か書いたが、この街は 応仁の乱 って戦乱で 街のほとんど全てが灰になってしまった 東西両軍合わせて、延べ数十万の軍勢がこの街を舞台に11年間戦った この狭い街の中で……(’’…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

あれから もう一年……(’’)

今の次には 今と同じような「今」がまたやって来て 今と同じように また すごして居る そんな「今」が続いていくのだと思っていたが でもそれが……  約束されたことじゃなかった! って事を思い知らされた日 (’’) またいつか もう少し思いがまとまれば…… んで 続きやが こちらもあれから もう一ヶ月…… …
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

さて、お次の龍は ^^;

雨 (’’) 良く降っただね ^^ こんなに雨が降ると、ひっくいお山の雪はみんなとけちまうね ^^; 少し前の絵だけど……金星とお月様…… っと、今日はもう一人、木星も一緒だね ^^ 今月の中頃には 木星と金星が並ぶだよ ^^ 続きだが……^^; 建仁寺の勅使門が面しているのは「八坂通り」と言う道で 門に向か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

龍にあいに行こう ^^

四条通の東のどん突きが「八坂神社」 そして八坂さんの北隣が 知恩院さん って事で、知恩院さんから降りてくればそこは「祇園」 この辺りも話題には事欠かないが今回の最終目的地は伏見稲荷なので あんまりうろうろせずに、真っ直ぐ龍に会いに行くことにする ^^ この写真は 双龍図 建仁寺の龍だよ! って言ってもお寺の前の看板や…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

日本三大 梵鐘 ^^

って事で 知恩院の大鐘楼や ^^ もう少し……でっかいやろぉ~^^ って言っても わかりにくい (ーー; いつも人が居なくなるのを待ったり、人の居ないアングルを選んだりしているが 人が写っていた方がいい場合もあるんだな っと思う ^^; んで、ごそごそごそ っと探してきたこれも頑張って人が居なくなるのを待って撮った写真だ…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

日本一の「三門」とでっかい鐘 ^^

青蓮院さんの800才の楠達の下を南へとことこと歩くと…… おとなりが「知恩院」さんや ^^ん~~(’’) まぁ、この三門が日本一なのは間違いないだろう ^^ けど 高さは東大寺の南大門の方が1.5m程高いらしい ^^; 何を持って最大というのかは難しいところで 例えば国内最大の木造建築物は?って言うと「大仏殿」って答…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

粟田神社のお隣には……

こいつが居る ^^ 「なぁなぁ おまえって 今年もまだ800才なのかぁ (’’?」 御苑の800才の楠は背がたっかくて、青蓮院さんの800才の楠は横に広い ^^大迫力やな (’’) いつも同じようにお散歩に来て いつも同じようにこの木を眺めて いつも同じように帰っていくのだろうね……800年間この道を通る人達を見守って居る…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大親分に ご挨拶 に行かねば (’’)

この街の地蔵を束ねる「地蔵の大親分」 ^^ この道はよく通るから車の中から 「やぁ ^^」 ってなご挨拶はしているものの 今年はまだちゃんとご挨拶していなかったので 病院のついでに行って来た ^^  「ついで かよ(ーー;」 って怒られそうやが ^^;  病院から北に向かい「百万遍」と言う交差点を右に折れ 銀…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

何がバレンタインデーや! 何がチョコレートや!

日本人やったら やっぱ 大根炊きやろが! (-″-) っと 叫び続けて はやいくとせ (’’) もちろん今年も行くつもりやった でも、お休み取った日が  雨降りやった (..) 三千院まで晴れていても2時間かかるから 雨の中合羽着てちゃりんこ漕いでいく元気はさすがのおらにも無い ( ̄^ ̄) http://to…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大文字の真ん中から~~

いつもの気持ちのいい景色にしばし見とれた後…… さっぶぅ~~(><)  って事で そそくさと降りることに ^^; ここは風を遮る物のない 禿げ山状態やから いつも風が吹き抜けている (’’) おいら今回、こんな所に来るつもりなんて無かったから なんの準備もしていないので じっとしていると さっぶぅ~~い ^^; ここか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

予定を変更して ^^;

あのお堂の件に関しては 「おんや (’’?」ってなのが出てきたので 来月の通院の時にもう一度行ってからに……^^; って事で 先へ進むことに……  って (’’) 10日前のお散歩の記事がまだ終わらない ^^ 蹴上の疎水公園から疎水に架かる橋を渡り山手へ向かうと 「日向大神宮」さん ^^ あんまりメジャーじゃない…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

水路閣の上流側に登り……

疎水沿いを歩いていく町の方を見ると……(’’) 画面中央の紅いのは平安神宮の大鳥居  あの鳥居の高さは25m程……(’’) 丁度同じぐらいの高さやな ^^ 町の向こうに見えるのは おらがお山 愛宕さんや! 中央左手の一番高く見えるところが「愛宕さん」のピーク924m 右手に繋がる尾根の端のピークが「竜ヶ岳」で921m ………
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

南禅寺と言えば……

もう一つの目玉が「水路閣」やな ^^ おなじみの写真だろうけれどもう少しぺたぺたと貼っておくね ^^ 上から……この水路閣の上を流れるのは疎水の分流で 京都で唯一北に向かって流れる水路や ^^ 南禅寺を出ると東山の麓沿いに銀閣寺まで北行する この疎水沿いが「哲学の道」と呼ばれる散策路 銀閣寺からは更に市内を北に向かい流れ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more