この時間になると 17℃まで冷え込んで 肌寒く‥‥

(ーー;

まだ五月になったばっかりや!
たびたび30℃越してどーすんねん (-″-)



ごん太のカーステ その3 ^^

で、せっかくはめたグロメットを外しスピーカーコードを入れる
今度はますますはめにくい (T^T)

エンジンルームからフェンダーとの隙間を通ってドアのヒンジの所まで
30cm位なんだけれどこれがなかなか通らない‥‥

針金をこちょこちょ向きを変えたり、こんこんと当たる様子で方向を探る

腕の血管から心臓までそれも狙ったところへカテーテルを入れる
あの技はやっぱ「神業」やなぁ~(’’) などと思いながら‥‥

隙間にごそごそと電線を通すのは電気屋さんの必須作業
よくあんな所を通るもんだと、いつも感心していたが
通す場所の内部構造を理解している事と、後はやっぱり経験やな ^^;

おいらとてただの素人ではない!
ちょっとうるさい素人や ^^;

苦闘の果て 挿入成功 ( ̄^ ̄)

エンジンルームの中を通るのはなるべく短い方がいいだろうと
左側は左にあったグロメットを貫通~
んで、室内には入ったのだがどこに入ったのかわからない ^^;
グローブボックスを外す羽目に‥‥

こんな所にでてきた ^^
画像


ここで秘密兵器 特殊工具を大公開
画像
この針金が一番いい
ビニールかぶっているから傷も付かず、手で簡単に曲げられるけれどふにゃふにゃではない
ペンチで簡単に切れるし なんと言ってもただや!^^

これが通れば先っぽにコードを添えてビニールテープでくるくると巻き引っ張ればいい ^^

ビニールテープも一個50円ぐらいでなんにでも使える優れ物
電気屋さんの必需品や ^^

もう一つこんな事も
画像
なにかにくるくる巻き付けるとき、狭いところだと新しいテープは大きいから巻きにくい
んで、ちびたテープを使い切らずに狭いところ用に置いておくのだが
中の芯の紙を取ってしまうとテープをつぶせるから狭い隙間で使いやすい ^^

かなり時間がかかったが、配線終了
本体の取り付けにかかる

左側には丁度いいビスがあったのでL字の金具でしっかり固定出来た
右側は‥‥(’’)
なんにもないからドリルビス使って無理矢理とめる
かたっぽちゃんと付いていれば落ちないだろう‥‥

落ちたら‥‥(’’)
ひらえばいい ( ̄^ ̄)

で、線を繋いで音出し確認
こんな具合になった ^^
画像


配線をみんな適当に束ねて見えないところへ押し込む
画像


正面から見ると ^^
画像


‥‥(’’)
ぶっさいくやけど まぁいい   そのうち‥‥





"この時間になると 17℃まで冷え込んで 肌寒く‥‥" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント