愛宕 初詣      おまけ ^^;

お正月を迎える前にお買い物に行った時
こいつと出会った……

画像
へびの みー子 や ^^
ばけ太とおんなじ売れ残りで 100円やった 
んで
おいらのうちの玄関に 仲良く二人並んでいる ^^



愛宕さんに初詣に行ったときの帰り道
コーヒーを入れて一服していたとき
ダウンの袖がコンロにふれて……
画像
 (・_・;

歩いているときは汗をかくけれどとまると寒い、着たりり脱いだり忙しいのだが
一服する時のために今年始めて ユニ○ロの ウルトラライトダウンジャケットを買った
本当にウルトラライトでちっちゃくなるし結構暖かくお買い得品やと思ったが
一回で おじゃん ではあまりにももったいない (T^T)

このままでは中のダウンがふわふわと飛び出すし……(’’)
って事で ザックをごそごそ
応急手当の決定版はやっぱり これやな ^^
画像

この写真はおうちに帰ってからのものだが
おうちに帰るまでこれでもったと言うことや ( ̄^ ̄)

でも……
このままではあんまりにもぶっさいくやし (ーー;
っと いろいろ考えた末
収納袋がおんなじ布だったので ちょきちょきと切って
両面テープで貼ってみた (’’)
画像
遠くから見たらわからへん ( ̄^ ̄;

びんぼー人のおいらは なんとか元を取らねば っと
毎日のちゃりんこ通勤に活用中や ^^;


ところで おいらが登った二日後
「参拝の母子4人一時不明=無事発見、愛宕山―京都」
ってなニュースが流れた……
35才の母親と9才7才3才の子供の4人
なんで?って事なのだが記事を見ると
 >愛宕さんに行くと行って0時40分頃花園の自宅を出る……
って
花園ってのはご近所なので車を使えば登山口まで20分もあれば着くだろうが
登り出すのは1時を過ぎるわけで
3才の子供を連れて山頂まで往復しようと思えば5時間ではしんどいだろう
5時間で往復できても下りてくるのは6時を過ぎ暗くなる
さいしょっから無理や (ーー;
>4時半頃に神官がおみくじを引いている親子連れに暗くなるから早く下りなさいと……
とある
3才の子供を連れて3時間で登っているのは大したものだが
その子を連れて(おぶって)2時間で下るのはしんどいだろう
愛宕神社までは裏手から林道を通って車が上がれるはずや
「暗くなるから早く下りなさい」で済ませられるものだったのだろうか?
服装を見れば懐中電灯なんて持っていそうにないこともわかるだろう
もし……誰かが亡くなっていたらこの神官は……(’’)

 >6時頃に暗くなって道に迷い降りるのをあきらめ……
この親子がビバークをしたのがどの辺りかはわからないが
 >次の日明るくなってから降り始め9時過ぎに自力で下山……
明るくなってから9時まで2時間以上下りるのにかかっている
前日にあんまり下りられていなかったのだろう

運が良かったのは、それまでマイナスだった最低気温がこの日はプラス
ひさしぶりに少し暖かくなっていたって事
この日の夜の山頂の最低気温も-3℃だったって言うが
その二日前、おいらが登ったときは午後二時頃、最高気温の時間で
画像
-6℃やった
夜になれば-10℃をかなり下回っていたはずや
もしこの日もそこまで温度が下がっていたら?
もし雨や雪が降って身体が濡れたら?
みんな元気に自力で下りられたのだろうか?

あんな所じゃなかなか死なないよ ってなお話でもなく
助かったのは運が良かった って思うべきや

人騒がせな! って事で済んで本当に良かった
これにかかわった大人達はこれに懲りてよく考えて欲しい物だが
ちびちゃん達はこれに懲りず今度はちゃんとお山を楽しみに来て欲しいと思う


今年は遭難のニュースが多いよね

ちゃんとした人達が
ちゃんと気をつけていても
事故は起こりうる

ましてや……

でも
知らない人達から見れば
みんな一緒なんだよね
きっと……

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス
かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック