どっど素人のための~ その④ にチャレンジや ^^;

七月七日のお天気は6割近く雨で
雨が降らなくても曇っていることが多く
お星様が見られる確率はかなり低い
「何でこんな時期に七夕なんてするんでしょうね ^^;」って天下のN○Kのアナウンサーが……

 この国は二つのカレンダーを併用することが出来なかった

だから
「五月雨を 集めてはやし 最上川」 なんて句も
昔々、五月雨とは……(’’) なんて注釈が必要になってしまうのや (ーー;

西暦のカレンダーを使いながら
自国の季節の決めごとを自国特有のカレンダーに基づいて行う
そんな国が「ごく普通」なのに

 この国は二つのカレンダーを併用しようとはしなかった……

計量法なんてもので尺貫法が禁止され
寸・尺を刻んだ鯨尺なんてものも禁止販売できなくなった
なんて事や!って
永六輔さん達の「尺貫法復権運動」なんて物のおかげで一部例外が儲けられたが
基本的に尺貫法を取引で使用すれば「30万円以下の罰金」だそうや (ーー;

欧米ではメートル以外にインチ・フィート・ヤードなんてのが普通に使われ
スピードメーターだってマイル表示や!

なのに
この国では寸・尺なんて物を使えば  捕まるらしい……(’’)

「丈六の仏様」をなんと説明したらいいのかね (’’?
4.85mの仏様……
なんで4.85mなのかの説明は?



さて……
本題に戻って 核分裂講座なのやが 
前回途中でやめた原因が分かった
どう続けたらいいのかわからへん (ーー;
んで
前回はそのままほったらかしに……^^;

まとまらないまま続けてみる事に……

いざ!

ウランに中性子をぶつけると二つに割れる って所まで書いた

この時幾つかの中性子がはじき出されるのだが
新しくできた二つの原子とはじき出された中性子を掃き集めて重さを量ると
もとのウランとそれにぶつけた中性子の重さよりも少し軽くなる

壊れたかけらがどこかに飛んでったのではなく
みんなちゃんと集めても軽くなる!
質量そのものが無くなってしまう (・_・;

んで、この時大量の熱(エネルギー)を出す

質量そのものがエネルギーになる!
(E = mc2)質量とエネルギーの等価って言う
特殊相対性理論の世界やけど
ややこしいことは まぁどうでもいい 
どっど素人の為の講座やからな ( ̄^ ̄;

とにかく ウランに中性子をぶつけると
ウランが割れて熱と中性子がでる って事や

おまけに飛び出した中性子が近所のウランに当たると
そのウランも割れてまた熱と中性子を出すってな事が起こる 

最初に書いたように(最初ってのは09年9月30日のことやけどな(ーー;)
核分裂を起こすのはウラン235って奴で
自然に存在するウランの中には0.7%ぐらいしかない
なのでこれに中性子をぶつけても235に当たる確率は少なく
連鎖反応を始めることは出来ない
だから、ウラン235の割合を高める必要がありそれをウラン濃縮って言う
てなことは以前に書いた


例えば……

235って言う火薬の入ったネズミ花火と238って言う火薬の入ってないのが混ざって売っていたとする
1000個入りのネズミ花火を買ってきても火薬の入っているのは7個しか無い ^^;
なので、もっともっと沢山持ってきて火薬の入ってないやつを捨てて
火薬の入っている235の率を上げる                  ……(ウラン濃縮)
準備が出来たらこれをばらまいて適当に火のついたマッチを放り込む
235に火がつけばそのネズミ花火は火をまき散らしながら走り回る
その火が他の235に行き当たれば引火してまた火を出す      ……(連鎖反応)
そのうち放っておいても次々と引火して燃えつづけるようになる   ……(臨界状態)
あんまり燃えすぎても困るので
ネズミ花火の火花をさえぎる棒を出し入れし              ……(制御棒)
火加減を調整する……ってな感じやな (’’)

核爆弾に使われるのはウラン235が90%以上
火をつけたら一気に全部が燃えてしまう状態や ^^; 


まぁ実際にやってみてもネズミ花火が次々に燃える ってな
臨界状態になることはないと思うが
イメージとしては こんなもんやろ ( ̄^ ̄;


続きは  また    いつか      気が向いたら         そのうちに            (∩。∩;)ゞ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

あぶちゃん
2012年07月16日 06:50
おらの小学生の頃は尺貫法とメートル法両方だった、難しい事は分からないけど、今の大工さんたちはいまだに尺貫法を使っているらしいね。
勾配を計算するのには尺貫法でなくちゃ駄目なんだって。
ところで、今年はかなとこ雲がまだ現れないよ。
p(-_-)q
2012年07月19日 01:14
おひさぁ~ ^^

梅雨が明けたからね、かなとこ雲のシーズンはこれからだよ!
って……
早速出たみたいやね ^^;

おら、去年は残骸しか見ることが出来なかっただ (..)
さいこーの場所にいる あぶちゃん がうらやましいだよ~

この記事へのトラックバック