首無し地蔵さん ^^

首のない地蔵についてはいろんなお話があり

 むかし、むかし、ある所にA子さんという女 性が住んでいました。
 A子さんは、毎日我が子を背負って畑に行き、
 子供を背負ったまま畑仕事をしていました。
 ある日A子さんは、手にカマを持ったまま、「伸び」をしてしまったので、子供の首を・・・
 A子さんは、自分の不注意で我が子を亡くしてしまった事を深く反省して、
 農作業中の事故を防ぐように注意を促す為に、首無し地蔵を作り、全国に広めました。

こんなのが有名やな ^^;

手に鎌を持ったまま伸びをして……どうやって背中の子供の首を落とせるのか ?
やれるもんならやってもらおやないか ( ̄^ ̄)   

などと文句を付ける気もないが……^^;

正解は、明治維新で天皇が復活した時に
この国は神の国である!って事で
それまでの「神も仏もごっちゃまぜぇ~~^^」ってな宗教観を是正し
神道一本で行こうとして「神仏分離」なんておふれを出した

神の子孫である天皇の力を絶対のものにするために……
ってのと
いろんな特権に守られて(幕府に)優遇され過ぎていた
そんな仏教界への締め付けの意味もあったのだろう
一般の庶民達はいつも結構無責任や
既成の権力が倒れるときはいつも
それにかかわるものを破壊する事によろこんで参加する
まるで 暴徒のごとく……

この頃の仏教が一般庶民を救えていなかったって事やな (’’)

廃仏毀釈ってのは  
明治維新前、幕末の尊皇運動のころからの動きらしいが……(’’)

一般の民衆の標的になったのは
道端に立っていた罪もない地蔵達やな (ーー;


愛宕表参道の両脇に立っている多くの地蔵達の中にも……(’’)
欠けたのや
画像
割れたの……
画像

割れたかけらが見つからずセメントで作ってあるもの
画像
……
こんなのばかりだよ (T^T)

首無しさんの首はどこへ行っちゃたんだろうね ^^;



画像
愛宕山頂を北にいつもの道をとおり、いつもの地蔵の辻へ
画像
分岐の地蔵達にご挨拶の後、今日は右手へと進む
道標、見にくいけれど「首無し地蔵40分 高雄細野方面」「梨の木谷から清滝120分」って書いてある
首無しさんまで40分もかからないけれど、清滝まで2時間ってのは……無理やと思う ^^;


ところで
何年も前から、そしてもう何十回も首無しさんとは会っていたのだが
地図にも道標にも「首無し地蔵」って書いてあるから疑いもしていなかったのだが……

今回初めて気が付いた (・_・;
首無しさんって…… どなた様やろか
画像

地蔵さまが蓮の上でこんな座り方をしているのは……
無くは無いようだが珍しい (’’)
今度行ったとき、よだれかけをめくって手の形を見てくるだよ ^^;

本当に地蔵さまなのかどうか……



速報 !!!
画像
ちゃんと見られただよぉ~ ^^

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

ぴっぱ
2012年06月08日 00:30
すごいですね!きれいな金星、しかも、黒点まで映っている様な気がします・・・。どうすればそんなに鮮明になるのでしょうか・・、105年後に試すつもりはありませんが・・・。
p(-_-)q
2012年06月10日 02:36
ぼーえんきょー 使ってるだよ 
ぼーえんきょー の像を画用紙に映して
それを撮ってるだよ ^^

そのうち写真が整理できたら
また書くからその時詳しくね

根性であと105年……(’’)
根性 では無理やろか (ーー;

この記事へのトラックバック