龍にあいに行こう ^^

画像
四条通の東のどん突きが「八坂神社」
そして八坂さんの北隣が 知恩院さん
って事で、知恩院さんから降りてくればそこは「祇園」

この辺りも話題には事欠かないが今回の最終目的地は伏見稲荷なので
あんまりうろうろせずに、真っ直ぐ龍に会いに行くことにする ^^

この写真は 双龍図 建仁寺の龍だよ!
って言ってもお寺の前の看板やけどな ^^;
(看板なのでいろんなものが写り込んで もやぁ~っとしている)

建仁寺は祇園南町、甲部歌舞練場のすぐ横にある
知恩院からちゃりんこで5分や ^^

建仁2年の開山なので「建仁寺」、年号を名前に持つ寺院
年号寺院は他に 延暦7年開山の「延暦寺」や仁和4年の「仁和寺」がある

祇園側、北門から入ると
画像
すぐ目の前に法塔がある
綺麗な建物や ^^
拝観は右手の本坊玄関から
画像


本坊に入ってすぐの部屋に……
画像
こんなのがある ^^
もちろん本物じゃなく レプリカの縮小版や ^^;
「本物のレプリカ」の屏風は正面にど~~んってあるのだが
人の迷惑を顧みないおばはん達が
わいわい ^^ がやがや ^^ わいわい ^^……って (ーー;

「本物のレプリカ」 とは ^^?
日本の最高のデジタル技術を駆使した物で
少し離れてみればプロにだって見分けがつかないとは思う
もちろん素人に見分けがつくはずもなく ( ̄^ ̄;
http://web.canon.jp/pressrelease/2011/p2011feb08j.html

この横で「そもそも建仁寺とは……」とか
双竜頭を描かれた小泉画伯の制作記が流れていたので
またしっかり見てしまった ^^;    ……時間がないのにぃ (T^T)

んで、お庭の方には行かずに法塔へと向かう ^^;
途中方丈のふすま絵「雲竜図」を
画像
これもキャノンが複製した物らしい
ぱしゃぱしゃとあちこち撮ったのだが
思っていたよりも暗かったみたいでちゃんと撮れた写真がない ^^;
んで
法塔へと急ぎ 天井にいる二匹の龍に ごたいめぇ~~ん ^^
……(’’)
かっこいい ^^
画像

画像
床に仰向けに寝っころがって天井を眺めていたい物だが……(’’)
さすがのおいらにも そこまでは出来なかった ^^;

このお寺も禅宗寺院のオーソドックスな造りで
入り口の門……三門……法塔……方丈の順に一直線に並んでいる
今回は北門から入ったので逆にでていくことになる
けど
写真は南から順に ^^;
画像
<建仁寺の南門の「勅使門」 
勅使門のなかに見えているのが三門の「望闕楼」御所を望むって意味らしい
画像
ばかでかい山門ばかり並べた後なので小さく見えるが
当時 町なかにこんな高い建物はそんなにあるはずもなく……
でも……御所は見えたのだろうかね ^^
画像
三門越しの法塔
こちらの法塔はとても落ち着いたいい建物や
画像


また遊びに来るから いい子にしてるんだよぉ~^^
って
二匹の龍に別れを告げ……

  次の龍に会いに行く ^^;

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

su-
2012年03月04日 19:41
天井絵の龍
何処かで見たことがある
そ~だそ~だ!
この間まで理事長さんをしてたあの相撲協会の ほら 放駒理事長さんジャン
親方は昔モデルもしてたんだ
これだけの大作のモデルだからそのモデル料もたくさん貰って、それで親方株を買ったのかも?
p(-_-)q
2012年03月06日 01:54
おっきな目を カッ! と開いて 睨んでいる (’’)
なんだか おっとろしいけれど……
やっぱり かっこいい ^^

んで、じぃ~~っと見ていると
けっこう ひょうきんで 愛らしい顔にも見える

見ていて飽きないけれども
ずっと真上を見ていると……(’’)
首が痛くなる (ーー;

この記事へのトラックバック