日本三大 梵鐘 ^^

って事で
画像

知恩院の大鐘楼や ^^
もう少し……
画像
画像
でっかいやろぉ~^^
って言っても わかりにくい (ーー;
いつも人が居なくなるのを待ったり、人の居ないアングルを選んだりしているが
人が写っていた方がいい場合もあるんだな っと思う ^^;

んで、ごそごそごそ っと探してきた
画像
これも頑張って人が居なくなるのを待って撮った写真だが
右下の端っこに人が写っている いわば失敗写真なのだが
これぐらいならカットできるので……って事で残っていた ^^;
まぁ、この「ひと」と比べて貰えば、この鐘のでかさがわかってもらえると思う ( ̄^ ̄;

ちなみに 高さ3.27m・直径2.7m・重さ70t や (・_・)

最近はテレビを見ていないのでわからないが
「行く年来る年」なんていう年越しの番組では必ず紹介されていた鐘や ^^

で、
三大梵鐘だけど、山門でも知恩院といい勝負だった奈良の「東大寺」
ここの鐘が 高さ3.85m・直径2.71m って事で知恩院より少し大きい……のだが
重さは26.4tって事でずいぶん軽い 
たぶん厚みがずいぶん違うのだろう (’’)
今度 だいぶっつぁん に会いに行ったときにちゃんと見てくるね ^^

山門の所でも言ったが 「ほな、この鐘はどちらがでかいのか?」
「おらのほうがでかい!」「ちょっとだけやんか、おらの方が三倍も重いわい!」ってお話なのだが

「おまえら 所詮二番争いや ( ̄^ ̄)」って言うてる鐘がある

それがこちら「方広寺の梵鐘」や ^^
画像

京都駅から七条通りを右手、東の方へ進み
鴨川にかかる七条大橋を渡ると右手にあるのが「三十三間堂」
んでその向かい側にあるのが……
画像
「大仏前交番」や ( ̄^ ̄)
っていばる程の物でもなく ただの交番やけど……
問題は この「大仏前……」って言う名前や

この場所に奈良の大仏殿をしのぐ大仏殿と大仏さんがあった
これも秀吉さんが作ったものや
この大仏殿を持つお寺が「方広寺」や
その寺域は今の方広寺から豊国神社国立博物館、更に七条通りを越えて三十三軒堂までを含み
東はそのまま山の麓までって言うでっかいお寺やった ^^
すでにあった三十三軒堂を方広寺の「仏堂」として、
北側の天台三門跡である妙法院を「庫裡」として使うなんて言う
まさに秀吉さんにしかできない 暴挙 やな ^^;
このなごりが国立博物館の西側の石垣
画像
画像
であったり
三十三軒堂の東側にある「南大門」や
画像
写真右手の紅い塀が三十三軒堂、突き当たりが南大門
画面左手、幟が立っているお寺は
ちゃちゃがお父さんの浅井長政の供養のために建てたお寺の「養源院」さん
一度燃えた後、ちゃちゃの妹のお江ちゃんが旦那の秀忠さんに頼んで再建した物
ここは血天井でも有名やな (’’)
血天井とは そもそも伏見桃山城で…… って 横道に走り出せばきりがない (ーー;

南大門に戻って……
なんで三十三軒堂の外に門があるのか
この門のどちらが外でどちらが内なのか
そもそもいったい何の門なのか? は 大仏殿があったことを知らなければわからない ^^;
「外」から見れば
画像
こんな感じで、門の向こうに繋がる塀は三十三軒堂の南側の塀だが
この塀は南大門が作られたとき一緒に作られた方広寺の外壁で
「太閤塀」と呼ばれている
その向こうに見えるのが京都タワー、ここは京都駅の真東に当たる

大仏殿は二度の地震と火事で 三回つぶれた ^^;

今残っているのは 南大門と太閤塀石垣と……「大梵鐘」
なぜ この大梵鐘だけが残っているのか?って事なのだが……(’’)


その前に、鐘のサイズをちょっと並べてみるね
方広寺  高さ4.2m・直径2.8m・重さ82t 
東大寺  高さ3.8m・直径2.7m・重さ26t
知恩院  高さ3.2m・直径2.7m・重さ70t

東大寺の重さ以外は似たような数字が並んでいるが
それもそのはずで……

秀吉さんが大仏殿を作るとき
「奈良の大仏よりでっかいのを作れ、大仏殿も 鐘も奈良のよりでっかくないとあかん!( ̄^ ̄)」
って言って作らせたことは容易に想像できる
そして何度も失敗しながら奈良の大仏より大きいのを作った ^^
一方、知恩院は徳川さんの援助で再興されているわけで
「猿の作った鐘に負けるでねぇ!方広寺の鐘よりでかい鐘を作るだ!」って作らせたらしい
こちらも何度も失敗して……   ちょっと負けたけどな ^^;

また方広寺の鐘に戻る
この鐘が歴史的に大きな意味を持っているのはここに刻まれた銘文の一節
画像
で、拡大すると
画像

有名な「国家安康」「君臣豊楽」の文字が見える
「家康」の「家」と「康」の文字を切り離し「豊臣が楽」とは何事か! 
って徳川がいちゃもんをつけ大阪冬の陣へと突入した
あのきっかけになった文字や!

全くの偶然であったのか、豊臣方が呪詛を込めて書いたのか?
全くの偶然ってな話はまず無いだろう……
もし豊臣がそう言う意味で書いたとしても
この文を見つけだして、いちゃもんをつけるのは難しい
誰かが たれ込まなければね (’’)
一番ありうるのは、後でいちゃもんつけるために「徳川側が仕込んだ」ねたや ってパターンやろな ^^;

で、この鐘は「こうなったのもみんな豊臣が悪いねん ( ̄^ ̄)」って言う証拠として
さりげなく残され続けることになり 今に至る って訳や ^^


よつべで「除夜の鐘」なんてので検索をかければこの三つの鐘の音が聞ける
やっぱり軽いぶん東大寺の鐘は少し高い音だね (’’)

さて、次は 龍に会いに行くだよ ^^

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

su-
2012年02月29日 13:58
豚汁作ったら何人分出来るのかね!
p(-_-)q
2012年03月03日 03:36
はぁ~~い 大丈夫だよぉ~~
あわてなくっても たっくさんあるからね ^^
はい、並んで並んで~~
豚汁大ふるまい お代は要らないよぉ~~ ^^

って  

でも……(’’)
最初の内はいいけれど、最後の方は大変だろうね
何せ深さが3mを越えるわけだから
底の方のをすくおうとして落っこちたら……はい上がれない ^^;

豚汁よそう人は 命がけやな (ーー;
su-
2012年03月04日 19:26
ダイジョ~Ⅴ
昔使ってた肥え柄杓があるよ!
どんぶり 猿股 印袢纏に手ぬぐいで頬被りして…
ウン 絵になるなぁ

この記事へのトラックバック