粟田神社のお隣には……

画像
こいつが居る ^^
「なぁなぁ おまえって 今年もまだ800才なのかぁ (’’?」

御苑の800才の楠は背がたっかくて、青蓮院さんの800才の楠は横に広い ^^
画像
大迫力やな (’’)
画像
いつも同じようにお散歩に来て
いつも同じようにこの木を眺めて
いつも同じように帰っていくのだろうね……
画像
800年間この道を通る人達を見守って居るんだね ^^
(さっきの老夫婦とおいらのちゃりをさりげなくトッピング ^^)


次に行く前にもう一つ
この辺りにやっかいな物がある ^^;
画像
明智さんの首塚 ^^;
明智さんは天王山で敗れた後、都の南側を迂回し山科へ入る
そのまま滋賀へ逃れようとしていたと言うことらしいが
山科に入ったところで地元民の竹槍によって命を落とす
ん~~(’’)
このあたりからなんだか話がおかしいと思うのだが まあ仕方がない……

とにかく竹槍で重傷を負って助からないと観念した光秀さんは家来に
「介錯した後ここに胴を埋め首は知恩院に運び そこで焼くように」っと命じ自刃する
んで、首を持ってここまで走ってきたが夜が明けたため
この地に首を埋めたのちその家来もここで腹を切った……っとあるが 
ここから知恩院は見える距離にある (’’)
穴を掘っている間に着けると思うのだが (ーー;

明智さんの首は粟田の刑場で晒された後
他の首と一緒に埋められてしまった
その後、明智さんの首だけ移して首塚を作ったという話も……

こちらの方が場所的には納得できるが
明智さんの首がここに晒されたというのが事実なら
もう少しちゃんとした形で記録が残っていそうな物や
信長を討った謀反人とは言えあれだけの武将の首を三条河原に晒したってのもなぁ~(’’)

まぁ、真実がどこにあるのかはわからないが
ここに「光秀さんの首塚」がある ^^;
画像
おいら光秀さんのこと好きやから
ここには時々来てるだよ ^^


阿闍梨さまが渡られる
白川にかかる石橋……「行者橋」
画像
ごく普通に学校へ行く女子高生達が
ごく普通にわたっていく ^^


さて次回は 日本一の三門へご案内 ^^

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック