霞か雲か……(’’)

桜は咲き始めたけれど……

初めてこの季節にこの街を訪れた人は
これでも
「人だらけや (・_・;」って思うのだろうが

人出は例年の半分どころか……(’’)

毎年、春と秋はこの街に来ちゃだめだ! って言っているけれど
今年はお勧めするよ!みんなでておいでぇ~ ^^

こんな時期、桜の木の下でお酒を飲んで馬鹿騒ぎをしろなんて言うつもりは無い
ただ、家に閉じこもってないでもっとみんな動き回って
そして、もっともっとお金を動かさなきゃ!
元気を送らなきゃならない方が元気でなくてどーすんだ! っての (ーー;

また桜の写真撮ってくるね ^^




原発のニュース量がガタッと減った
少しは落ち着いたのだろうか?

もちろん良くなったわけなど無く
悪いままで、悪いなりに……ってレベルだろうが (’’)



二年前の夏に「若狭富士」って呼ばれてる「青葉山」に登った
結構しつこく書いたから覚えている人も……まぁ、少しはいるだろう

んで、
その時山の上から高浜の原発を見ながらいろいろ考えていた
その後「ど、素人のための核分裂講座」なんてのを書きかけた
http://tougenojizou.at.webry.info/200909/article_21.html
これの中で
>原発なんてやめませんか~
って書いているのはずっと前からのおいらの持論で
今回のような事故など無く、みんな見事にちゃんと動いていたとしても
必ず出てくる「使用済み核燃料」というやつ
これをとりあえず「ガラスで固めて地中深く埋める」なんて言う方法しか思い浮かばないくせに
もう何十年も原発は動き続けているわけで「使用済み核燃料」は「生産」され続けている
しかも「それ」を「何処に埋めるのか」さえ決まっていないわけで……(ーー;

ちなみに、ぷるとにゅーむの半減期は2万4千年
わかりやすく言えば 「未来永劫」 や!

なんで、この危険きわまりない廃棄物の処理方法も確立できていないままに
原発を推進しているのかがわからない
生ゴミをほかす場所のないレストランの厨房で
どんどん豪華な料理を作り続けているようなものや……
どうする気なのか?

でも電力は要る!( ̄^ ̄)
                         のでしょうか?


「この地震が来て良かった」ってな事を言ってしまった大阪の議員さん
思慮のないその言葉はその人の政治生命をすっ飛ばすに充分だった
間違っても「よかった」なんて言葉は出るはずのない言葉やろ……(ーー;
でも、この災害を「生かさ」ねばならないとは思う
「災い転じて福となす」ってな言葉もある
もちろん今回の災害をどう転がそうが「福」には成り得ない悲惨なものであったことを十分承知したうえで 
これを機会に、この災害の教訓を少しでも今後の役に立てなければならないと思う
多くの失われた命やその他、このとてつもない大きな犠牲を
この国や、人類の今後に生かすことが出来て初めて
失われた命に少しは報いることが出来るのではないだろうか?
この大きな犠牲を決して無駄にしてはならない……

ど、素人の……の中で
>想定外の大地震や津波に襲われたら?
>想定内の出来事で大惨事になるなんて事は無いでしょう?少しは考えてやっていらっしゃるのでしょうから
>事故ってのは「考えてもいなかったこと」が引き起こすんです
ってな事も書いている
この時点で
そんなことが 起こりうる とは思っていたが 実際にこの国で 起こる とは思っていなかったのも事実や

ねぇ、
やっぱり原発なんてやめませんかぁ~ (・_・;


ついでに
http://tougenojizou.at.webry.info/200910/article_2.html
「ど、素人のための核分裂講座」は「その③」まで行って
ウランが ぱっこん!ってわれた所まで説明した後
「つづくぅ~~^^」って書いてあるが
その後続いた形跡はない (’’)

1年半以上ほったらかしや
今回の事故がなければ思い出しもしなかっただろう……(ーー;


また いずれ  そのうち    きっと……

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

noga
2011年04月04日 04:16
我が国が核攻撃を受けたらどのような事態が発生するか。
我が国の原発が大事故を起こしたらどうなるか。
疾走する弾丸列車が貨物列車に激突したらどのようになるか。

悪夢は見たくない。いつまでも能天気でいたい。
天下泰平の気分を壊したくない。

自分に都合の良いことだけを考えていたい。
それ以外の内容は、想定外になる。

ただ「間違ってはいけない」とだけ注意を与える。
「人は、誤りを避けられない」とは教えない。
「お互いに注意を喚起し合って、正しい道を歩まなくてはならない」とは、考えていない。

もしも自分にとって都合の悪いことが起こったら、びっくりする以外にない。
そして、「私は、相手を信じていた」と言い訳するしかない。だから、罪がないことになる。

危機管理は大の苦手。
だが、ナウな感じのする犯人捜し・捕り物帳なら大好きである。毎日テレビで見ている。

日本語には時制がないので、未来時制もない。
未来の内容を鮮明に正確に脳裏に描きだすことは難しい。
一億一心のようではあるが、内容がないので建設的なことは起こらない。
お互いに、相手の手を抑えあった形である。すべては安全のためか。不信のためか。

問題を解決する能力はないが、事態を台無しにする力を持っている。
親分の腹芸か、政党の内紛のようなもの。
今回の事件はわが国の国民性を色濃くにじませている。

http://www11.ocn.ne.jp/~noga1213/
http://page.cafe.ocn.ne.jp/profile/terasima/diary/200812

p(-_-)q
2011年04月06日 04:00
原発事故……
「この程度」の放射線量でこれなら
原爆落とされたときに
そこで被爆しながら生き残った人を助ける手段をこの国は持っていない
……って事やな
何処までを「想定」するのか
何処までの「危機」に対応しようとするのか?

想定していなかった何かが起こったときでも
「あきらめてしまえない」 って事が生きてるって事……

この記事へのトラックバック