でぇ~っかい うちわ さ持ってきて

んでもって
ほうしゃのう こっちさ来るでねぇだ!(T^T)! って
ぱたぱたと扇ぐ……^^;

ってな事を言いたいのだが
未だ冗談にもしゃれにもならないこの有様では
何を言っても怒られそうで、自然口は重くなる……(ーー;


だらけきったこの国に神が与えた試練……ってな考え方は
この国の現状を憂いている人皆が思ったことだろう
でも、被災された人達に罰を被る謂われは何もなく
そんなことをおいら達と違い立場のある人が
公の人がいうべきでもないことは当たり前と言えば当たり前の話や

あの人はいい年をしてその辺をわきまえていない人だから……(’’)

だいたい 何かあった時に10階まで走って上れなければ首長は務まらない!
だから出馬しないと言っていたのに、あれはどうなったのだろう (’’?
そのすぐ後、この震災が起こった……
彼は10回まで走って上れるようになったのだろうか?
まぁ、
ほな他の誰が? ってなお話ではあるが (ーー;

で、福島やけど
ずっと報道を聴いていてもどうなっているのかわからない
良くなっているようでもあり、悪くなっているようでもある……
近くの住民の方がいらだつのも無理はないが
なんで会見に望む記者達ってあんなにえらそうで
自分を何様だと思って居るんだろう
国民を代表して! って思っているのかも知れないが
おいらはあんたを代表に選んだ覚えはない( ̄^ ̄)  って思うのはおいらだけ?

今日、ヘリが飛んだ
一回に運んだ水は3.5t 
で、震災直後から思っていたのだが
この手の輸送ヘリは定員50人を超え、数トンの荷物を持ち上げられる
であるなら、なんで救助用のでっかいバスケットとかゴンドラのような物がないんだろうか?
津波で水に囲まれて孤立している建物から
ヘリがワイヤーで一人ずつ吊り上げて救助していた
山岳救助のように場所の悪いところや嵐の中での救助なら仕方がないが
今回のように天候も落ち着いているビルの屋上から
多数の人を運ぶなんて言う場合はいくらでもあるだろう
そんなときに人を運ぶゴンドラなんてのは無いのだろうか? って思っていた
ホバリングしたヘリからでっかいバスケットを降ろし
数十人いっぺんに載せてそのままぶら下げて一気に運ぶって事が出来ないんだろうか? って……


映像を見ていても街の中に車が通れるだけの道をひらくのがどれだけ早かったか
二日後には車が走っていた!
がれきを重機でよけることは出来てもあれだけ道を綺麗にするのは (’’)
細かい物をよけるのは人手によらなければならないはずや
自衛隊を始めとする救援隊や地元の人達の力……
ただ驚嘆するばかりや!

さすがにここは日本であり
日本であるからこそここまでやれているというのをわかった上で
さらに、もっと何とかならないのかと思う……(’’)

相変わらず救援物資は届かないと言う
これだけのヘリがあってなんで運べないのか?
暖房や発電の燃料や水や食べ物、足りない物はわかっているのに
避難所へたどり着けないと言う
報道陣はその避難所へ行っているやないか?

ヘリでとりあえずどんどんおろしていく
過不足がでるのは仕方ないやろ
こんな時に完全はあり得ない
無いよりある方がいい
とりあえず
もっとアバウトにどんどん物を押し進めなければならない
下手なマニュアルを捨てて少しでも先へ!


もっと言うなら
避難所にいる人達をそのまま輸送ヘリで街まで運んでくればいい
電気もガスも水道も医療も手の届くところにあるような……
東京ドームを解放すればそれだけで数万人入れる
幕張メッセを貸し切ってでも人を救う気がないのか?
東京だけで駄目なら
大阪ドームでも、インテックス大阪でも……


国を挙げて! って言ったって
所詮現場を離れればよそ事や (ーー;
 

          今はこんなに悲しくて
          涙もかれ果てて
          もう二度と笑顔には
          なれそうもないけど 
  
               時代 byみゆき

泣かないでアマテラス
http://www.youtube.com/watch?v=Oy2jAITXlAQ
何度目かねこの唄を紹介するのは (’’)
20年ほど前の夜会「金環触」って言うコンサートの中
コンサートの中何度も繰り返されるこの歌、その最後5回目の「泣かないでアマテラス」 
(埋め込めなかったのでリンク)


これで終わったのじゃなく
これから
そう、今始まったばかり……
頑張らねば ^^

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック