かなとこ雲講座ぁ~ その2 ^^

昨日お話しした、雄大積雲や積乱雲 入道雲がどうして出来るのか ^^?

あったかい空気は冷たい空気より沢山の水蒸気を持つことが出来る
逆に言えば、あったかい空気を冷やすと持ちきれなくなった水蒸気が水となって出る
あったかいところに出した冷たいビールの缶に付く水滴がこれやな ^^

つまり、あったかい空気が上に上がって冷やされたら
小さな水滴を吐き出し、これが白い霧になって遠くから見れば雲になる……
って事や……が (’’)
「上に上がる」ってのは「下に下がる」とおんなじぐらい駄目な言い回しやと自分で思う (ーー;

>「南からの湿った暖かい空気が流れ込んでおり……」
南の海が暖められて海水が蒸発する、その沢山の水蒸気を含んだ空気が南からやってくる
雲の材料をお腹いっぱいため込んで ^^
>「上空には寒気が流れ込み大気の状態が不安定になっています……」
普通は対流圏内では100m上がるごとに0.65℃ぐらい温度が下がっていく
3000mの山では20℃ぐらい平地より寒いのはこのためや
上空5000mなら30℃ぐらい低いわけで、下の気温が30℃に達する今なら丁度0℃ぐらいのはずが
そこに-10℃ぐらいの冷たい空気が流れ込んでいればやっぱ不安定になる
暖かい空気は重く冷たい空気の中へ勢い良く上がりやすくなり、また急激に冷やされることにもなる

南からやってきた「あったかい空気が」どうして上昇し始めるのか?って事だけど
きっかけは幾つかある

○その1 前線による物
前線ってのは……って説明し出すときりがないが ^^;
暖かい空気と冷たい空気の境目で
暖かい空気が押してきているのが「温暖前線」で冷たい方が押してきているのが「寒冷前線」
「梅雨前線」なんてのは冷たいのとあったかいのが押し合っている「停滞前線」^^
っで、ここでどうして上昇気流が起きるのか……は
こちらをどうぞ ^^;
http://rika.shinshu-u.ac.jp/ischool/tenki99/zensen/zensen01.htm

やっぱり 図 が有るとわかりやすいよなぁ (’’)
ってか、すべてこの人の説明を見た方がおいらの説明よりわかりやすいような気も (..)

○その2 地形による物
南風が吹いてきて山に当たり、山の斜面をかけ登りそのまま上に向かって吹き上げる
ジャンプ台みたいなもんやな ^^
「山沿いではにわか雨が……」って奴

○その3 都市部のヒートアイランド現象など局地的に暖められて上昇
最近多いのがこれ!
アスファルトやコンクリートが熱せられたり
自動車やACなんかが吐き出す熱でまわりより数℃気温が上がるポイントが出来てしまう
部屋の中でろうそくに火をつけたらその炎で暖められた空気がその場所で上に上がる……
ってのは想像しやすい

似たようなのに
南の海上で台風が起きる原因は熱せられた島の所で上昇気流が起きるのがその発端
土は海の水よりも暖まりやすいので強い日差しを受けるとそこだけが暑くなる
丁度海の真ん中にろうそくを立て火をつけたようになりそこの空気が上昇していく……

上昇気流のある所ってのは「低気圧」になる
ってのは
そこの空気が上に上がって行くわけだから空気が足りなくなる 
空気が足りないから 空気の圧力が低い 空気の圧力が低いのを 低気圧って言う ^^

低気圧の所へは空気が足りないのでまわりから風が吹き込んでくる
吹き込んできた風はぶつかり合いながら行き場を失って上に上がる
上昇気流はますます強くなりますます気圧は下がってまわりからますます強い風が吹き込んでくる……
てな寸法でおます ^^


何かのきっかけで起きた上昇気流は条件がそろえば一気に強くなっていく……

でっかい入道雲が近づいてきたとき、夕立の前
急に風が吹き始めるのはこのため
まわりから入道雲の下に向かって風が吹き込んで居るんだよ ^^

画像




明日のお天気は終日曇りか (’’)

明日から四条では「鉾立」や
んで11日には「真柱」が立つ
12日には格好が付く……

新町通の鉾達は1日遅れや

14日にはほとんどの山鉾が立つ……

でも……
あさってから一週間 お天気の予報は  雨が続く  ^^;

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス
かわいい

この記事へのコメント

su-
2010年07月10日 15:55
このキノコが同時に二本も見られたなんて
おら…しあわせもんだ~!
でも…かなとこ雲が二つだよ
おらは奇跡を目の当たりにしたのかな~…
6月29日19時20分の写真にははっきりと写っているんだけど…

この記事へのトラックバック