ぽっぽっぽ~~^^

雨降りの一日
最高気温は7℃ぐらいで夜の9時頃に記録 
昼間の方が寒かった ^^;

ちなみにまだ6℃以上有るみたい‥‥

ぽっぽのセルを回すと すととととと~~~って
ホンダの4スト単気筒特有の音
そっ、スーパーカブとおんなじ音 ^^

とっとことぉ~っと走りながら

♪ぽっぽっぽ~~はとぽっぽぉ~^^ って

 ん(’’)?
歌が違う!っと思ったが一度頭に浮かんだメロディはなかなか消えない‥‥

このバイクの味ははとぽっぽのリズムの方が似合ってるみたいや ^^;

HIDランプは感激するほど明るい ^^
画像
昼間の写真ではわからないが ^^;
このユニットとか雨でも大丈夫なんだろうか?ちと心配‥‥


電球一口メモぉ~~

普通の電球って奴はフィラメントってよばれるタングステンって金属に
電気を流し発熱発光させる
んで、燃え切ってしまわないようにガラスの球の中に入れ中に不活性ガスを入れる‥‥
でもやがて燃え切ってしまう
エジソンが作ったときはフィラメントにいろんな物を試用し
京都の孟宗竹が900時間ほど点いていたらしい ^^

おいらが車に乗り出した頃はシールドビームって言って
あのまあるいライト自体が一個の電球だった ^^;

ハロゲンライトが出た頃は
「闇を切り裂くハロゲンライト採用‥‥」何てカタログに出ていた物だ (’’)

ハロゲンライトってのは電球の中に不活性ガスの変わりにハロゲンガスを入れる
すると熱で気化したタングステンがハロゲンと化合してまたフィラメントに戻っていく
んで、高熱にしても大丈夫で寿命も長く明るい光が持続する

車のライトはレンズと反射板をそれぞれ設計できるようになり
配光パターンの改良なんかでより明るくなった
最近はレンズに頼らず反射板を細かく設計して配光を決めている
マルチリフレクターなんてのの方が明るかったりする

んで、最近出てきたのがHIDランプ
ディスチャージドランプとかキセノンヘッドとか呼ばれている
これは発送をころっと変えてフィラメントをやめ電極の間にアーク放電させる
その火花が発する灯りを光源としている
ちっちゃなちっちゃな雷さんやな ^^
HID自体はそんなに目新しくもなく、
水銀灯やナトリュウムランプなんかもこのたぐい‥‥だったと思う ^^;

あんまりうろ覚えの知識‥‥と言うより、「かすかな記憶」に頼って話すな!って ^^;

とにかく明るいのはいいことだ (*^_^*)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

てん
2008年01月25日 03:49
あり?? 出てない。。。なんで~?
灯油切れて さぶいよ~ぅ(T_T)

>すととととと~~~って
あ~っ いいなぁいいなぁ 
ちゃっぴぃは ぱたたたたたたたた(--)

ライト。。またかしこくなったや(^.^)
HID・・この絶縁状態の脳を 明るい頭脳にできないかなぁ。。
p(-_-)q
2008年01月26日 04:24
頭の中にちいちゃい雷さんを‥‥

(’’)ん~~
頭痛くなるかも ^^;
てん
2008年01月27日 01:25
日頃使使ってないからちょっとしたことで頭が痛くなる。
あちこちでいたずらに放電しまくってるような感じもする。

この記事へのトラックバック